どういう人生を送っていたら、子供を持つ世界線に、私はたどり着くことができていたのだろう?

ちょうど10年前。当時付き合っていた彼女と交際7年目で31歳だった私は、これからこの女性と結婚し家庭を築き上げていくのだと、何の疑問も持たずに思っていた。

当時の私は正社員で年収約550万。貯金も600万ほどあり、31歳という年齢としては経済力はそれなりといったところ。彼女も正社員で実家暮らし。具体的な経済状況は知らなかったが、この2人であれば結婚するに当たって経済的には充分問題なし。

2人の関係は恋愛開始当初からずっと熱々で、双方の親との関係も良好。不安要素はなにもない。私も彼女も、お互いそんな事をよく話していた。

交際7年記念パーティの場で、私が勘違いして祝辞のメッセージを"Congratulations on the 8th anniversary!"と発注してしまったとき、「これだけ長いと何年目かわかんなくなっちゃうね(笑)」と、失敗を責められるでもなく2人で笑い合い、帰りに道端でこっそりキスしたことを今でも鮮明に覚えている。


その8年目の交際記念日が訪れる日は永遠に来ないとはつゆ知らず。



あれから10年が経ち41歳になった私は、未だ家庭を持てていない。その為の努力もそれなりにしてきたつもりだ。オーネットで婚活し、趣味の場や夜の街で出会った女性たちと幾人も交際を重ねてきた。しかし、10年前の彼女の亡霊に囚われ続けていた私は、結局どの女性も愛することができなかった。

もしも結婚していたら家族の為に遣われていたであろう、この10年間で稼いだ数1000万のカネは、夜の街と酒に消えた。男女関係のもつれから裁判沙汰になり、100万単位のカネが失われたなんてこともあった。当時600万あった貯金は、今では半分程度しかない。年齢を重ね収入も多少は増えたが、それを上回って遊ぶためのカネが指数関数的に増え続けた。


41歳の男性が結婚し、子供を持つことをを考えたとき、最低限家族に責任を取れる経済力とはどれくらいなのだろう?年収600万プラス貯金1000万、といったところだろうか?*1

現在の私の経済力は、年収650万/貯金300万。今の放蕩生活を続け、ひとり野垂れ死ぬには充分だが、子供を持つためには、その責任を果たすためには、まったく足りていない。今後の人生で私は恋愛や結婚をする事はあるかも知れないが、余程のことがない限り子供を持つことはないだろう。それこそカネの心配のいらない資産家の令嬢や、1000万以上の年収を稼ぐキャリアウーマンと結婚するようなあり得ない事態でも起こらない限りは。

カネの問題が片付いても、肉体的な老いの問題がある。女性の卵子だけでなく男性の精子も30歳を超えれば劣化が始まり、受精の可能性が減り障害をもつ子供が産まれる可能性が増えることは、もはや常識だ。


p-shirokuma.hatenadiary.com

子育てにはリスクやコストでは測れない素晴らしさがある、という記事を読んだ。子育て経験を持たない私にはその真偽を判定することは出来ないが、経験者がそう語るのならきっとそうなのだろう。私の周りの親となった友人たちの多くも同じことを語っている*2

私は、子育てをリスクやコストで測ったことなど1度もない。家庭も子供も「普通に」持つつもりだった。しかし経済的にも肉体的にも、気付けば子供を持つことが現実的にほぼ不可能な状況に追い込まれてしまっていた。私は、自分の人生が失敗だったとは思っていない。大いに成功したと言える側面もたくさんある。しかし、こと子供を持つという点に関しては、「失敗」がほぼ確定したと言って差し支えないだろう。

どういう人生を送っていれば、家庭を、延いては子供を持つ世界線に、私はたどり着くことができていたのだろう?

今の人生に後悔はない。しかし、そんな事を最近しばしば考える。

*1:数字に具体的根拠はなく、完全などんぶりである。

*2:違うことを語る親も、当然いる。