読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
自意識高い系男子。アラフォー。

Twitter:https://twitter.com/Tanishi_tw
メール:takomaru4@gmail.com


二階堂奥歯は、『自殺するために産まれてきた』人間だった

『私は奥歯は自殺するかもしれないと思っていました。そして、私には止められないだろうと、思っていたんですよ』 blog.makicoo.com↑のサイトで知り興味を持った、『八本脚の蝶』を読み終わった。筆者である二階堂奥歯は、2001年6月-2003年4月までWEB上で日…

森岡先生の『正しい』言葉が、恋愛工学生に届かない理由

恋愛工学は女性蔑視だが、『それゆえに』ミソジニー男性から支持されている d.hatena.ne.jp 森岡先生が批判するように、恋愛工学が女性蔑視だというのはその通りなのだけれど、恋愛工学生にこの言葉は届かないと思う。なぜなら恋愛工学は女性蔑視で「あるが…

あなた方はそこまで心底女性を愛した経験がないから、そういうことを軽々しく言えるのだ

実家は、苦手だ 家庭の都合で、数年ぶりに実家で一晩泊まってきた。 実家は、苦手だ。失われてしまった幸せな過去の記憶を、思い出してしまうから。 10年ほど前、当時付き合っていた彼女*1と一緒に、私は毎週末のように実家に帰っていた。やんごとなき家庭の…

恋愛はキャバクラじゃねぇんだよ

現場からは、以上です。

私に伴侶はいないけれど

恋人ができた…と思ったら、たった数週間で別れることになった。恋人が別れたがっていることは、細かい行動の変化でわかる。会っていてもどこか素っ気なかったり、メールの頻度が減ったり、約束をドタキャンされたり。これまで付き合ってきた女性で、この予兆…

ストーカー被害者にも加害者にもなった経験のある私が、『片想いはストーカーのはじまり』という文章を読んで感じたこと

ストーカーは、『相手への一方的な想いの押し付け』から産まれてくる anond.hatelabo.jp 警察沙汰とまではいかないまでも、かつて、待ち伏せや押しかけなどのストーカー行為をしたこともされたこともある身として、↑の増田に強く同意*1。私の経験上、人がス…

異性への好意を『加害』にしないためには、相手と『欲望の等価交換』が成立するレベルまで恋愛力を高めるしかない

恋愛とは、異性との欲望の等価交換である 先日書いた「恋愛とは、異性の欲望を互いに満たし合う行為である」に出てきた「30代素人童貞で彼女いない歴=年齢というエリート非モテ」は、端的に言って@IEND29さんなのですが、ご本人から感想をいただきました。自…

恋愛とは、異性の欲望を互いに満たし合う行為である

下心を否定したら、恋愛では何もできなくなってしまう 先日、30代素人童貞で彼女いない歴=年齢というエリート非モテの方*1と飲みながら恋バナをする機会があり、「ああ、確かにこれはモテない」と思ったのですが。彼がモテない最大の原因は、「自分の中の異…

愛しすぎてしまった

愛しすぎてしまった 愛されるよりも愛したい、マジで - 自意識高い系男子ta-nishi.hatenablog.com↑で書いた女性との恋愛は、1ヶ月ほどでフラれて終わってしまった。人生最短記録更新だ。正確な理由はわからないが、私が彼女のことを愛しすぎ、それが彼女にと…

恋愛工学まわりの話を読んで、ナンパ師時代の苦い経験を思い出した

愛のないセックスは、誰も幸せにしない 二村ヒトシと藤沢数希の対談が全く噛み合ってなくて面白かったanond.hatelabo.jp以前すこし書きましたが、私、15年ほど前にナンパ師をやっていた時期がありまして、最近の恋愛工学周りの話を読んでいていろいろと思う…

僕は童貞を肯定しようと思う。

私は、童貞である 私は、童貞である。無論、肉体的には私は童貞ではない。アラフォー独身男性としてそれなりに長く生き、片手で足りぬ女性との交際経験と、両手で足りぬ女性との性交経験を持っている。しかし、それでもなお、私は童貞なのである。童貞叩きを…

「自己嫌悪が強すぎて、『類友』を作れないタイプの人間」(キョロ充)の心理的メカニズム

コンプレックス型ナンパ師の憂鬱 とある飲みの席で、若い「ナンパ師クラスタ」の男性と知り合った。ナンパ師には、ラテンノリの「女好きタイプ」と、モテない自分との決別を目指す「コンプレックスタイプ」がいるが、彼の場合は「コンプレックスタイプ」で、…

恋愛のストライクゾーンが広くて浅い『イオラ型』と、狭くて深い『メラゾーマ型』

恋愛に必要な陶酔力を持つ女子、持たない女子 | 家入明子sololife.jp「恋愛力とは陶酔力なのだ」という部分には「そうだそうだ!」と超うなずけるんだけど、「陶酔力が高い人ほど変な男に引っかからない」という部分には「それって逆じゃね?」と感じてしま…

『好きになってしまう相手は自分の意思では選べない』という不幸

やっぱり、自業自得じゃね? 「タラレバ娘」の罪と罰:幸せな結婚を願ってはいけないの? - 外資系OLのぐだぐだtoianna.hatenablog.com元ネタとなった漫画は読んでいないが、この記事を読む限りなんというか、やっぱり「自業自得」って言葉が相応しいんでね…

愛されるよりも愛したい、マジで

恋人ができた。ひとめ惚れだった。 30代前半で手痛い失恋を経験して以来、付き合ったどの相手とも本気になれず短期間で終わる恋愛を繰り返し*1、年齢的にももう生涯本気で恋に堕ちることはないのだろうと思っていた私だが、年甲斐もなく、数年ぶりに本気の恋…

「人を好きになることは、モテることよりも難しい」を証明してみた

「モテること=他人を変えること」? 前回の記事で私、「人を好きになることは、モテることよりも難しい」って書いたんですが、自分で言っててなにか引っかかるモノがありまして。一般論として、「他人を変えることはできないが、自分を変えることはできる」…

お前がモテても幸せになれないのは、どう考えてもお前が相手を愛していないのが悪い(Skype読書会感想)

Skype読書会に参加しました id:bulldraさん主催のSkype読書会、「すべてはモテるためである」に参加しました。前回のエントリは、このための布石だったんですね。第5回Skype読書会「女子目線で語る『すべてはモテるためである』(二村ヒトシ)」開催のお知らせ…

「すべてはモテるためである」の二村氏は、『優しい』

この本が立っている場所は既に、私が15年前に通過した場所だッッッ! 「この本が立っている場所は既に、私が15年前に通過した場所だッッッ!」 ネットで書籍で、数多の恋愛論を執筆するカリスマ、AV監督二村ヒトシ氏の代表作への率直な感想は、こんな不遜な…

人の恋愛を笑うな

文化系説教ジジイにしか進化できないポケモンを選んでしまった悲しみに - 太陽がまぶしかったから自分のフィールドで、自分の得意な分野でモテようとしたら、「文化系説教ジジイ」とか言われてモテ方がキモいと批判の対象になったでござる。でも他にどうすり…

サークルクラッシャーになりたくないなら、公認彼氏でも作って予防線張っとけばいいじゃない

「なぜ」わたしはサークラになったのか:実践編 - あの子のことも嫌いです「田中くんとも鈴木くんともふたりっきりにならず、オタサーの姫としてサークルメンバー全員に愛されていればサークラは起きなかった」とid:uzuramadokaさんは言うけれど、そこはその…

クソゆとりをチヤホヤするキモおっさんに、あと一歩というところまで来てしまった

アラサー独身女にもクソゆとり女子にもモテないノンスマートおじさんなのでツンダオワタ - 太陽がまぶしかったからhttp://www.ikedakana.com/entry/2014/05/08/214552 ↑の気持ち、とてもよくわかります。私は、24歳のときに初めての彼女ができたのですが(遅…

「結局女はDQN男が好き」や「結局男はバカなぶりっ子女が好き」が妬みとして処理されてしまうのは、それが本能だから

それを口にしたら… 戦争だろうがっ…! ヤン気について(あるいは君は小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか)http://republic1963.hatenablog.com/entry/2014/04/08/002311 この「おいブス」問題、言うまでもなく赤木智弘氏の「女性の人権を尊重したら、女性…

「この程度のことで騙されるなんてお前らバカだろ」という媚びモテの失望

そんな時期が私にもありました 釣って振るために生きてるhttp://anond.hatelabo.jp/20140402153629 なんでこんなことするのか全然わからんな、理解できない心理だな、釣り乙。…と一読して思ったんですが、そういや私も似たような心理になっていた時期があっ…

『たいして好きでもない相手と結婚する』不思議

結婚と恋愛は別物…なのか? 恋愛しようとするほど結婚から遠ざかる - 古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」http://republic1963.hatenablog.com/entry/2014/01/21/120630 私も、恋愛感情を重視して婚活を行ったものの、「業者主導の婚活ービスは恋愛と…

コンプレックスの投影からくる認知バイアスによる、理想化/愚者化

コンプレックスの投影による、理想化 自分の性的価値が低いことの苦しみhttp://anond.hatelabo.jp/20130619231753 続・自分の性的価値が低いことの苦しみhttp://anond.hatelabo.jp/20130620211010 ずいぶんと、「こじらせていない人」や「美人」を、理想的な…