読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
自意識高い系男子。アラフォー。
ご連絡は tarosa25☆gmail.com (☆を@に変換)


「恋愛感情を持てる」って、ものすごく希少で、ものすごく貴重な相手ですよ

婚活 人生

出会えてたら、もう結婚しています



「36歳以上で結婚していない男性は何かしらの問題がある」ことについては、僕個人のことを振り返っても明らかに事実なので、とくに異論はありません*1

iGirlさんの「好きと思ったら多少問題あっても結婚したいよね!だって好きだから!」というご意見についても、「そのとおり!俺もそういう結婚がしたい!」と思います。

しかし、婚活する中で実際に36歳になって結婚していない男女を多数見てきた、僕のような恋愛擦れしてしまった人間から言わせていただければ、恋愛対象として見れる異性と出会えないからこそ36歳まで独身でいる男女が大多数なわけで、「卵が先なのか、鶏が先なのか…」と、遠い目にならずにはいられません。

そこまで入れ込める相手と付き合っていたら、僕だって今すぐにでも、婚姻届片手に役所に向かってBダッシュしています。恋愛感情もてる相手と出会えないし、たまに出会ったとしても付き合えないからこそ、36歳すぎても独身なのです。言わせんな恥ずかしい*2


30歳を何年も超えて価値観が凝り固まった中、それまでの人生で何の接点もなく、若々しい魅力も感性も失った中年ふたりが出会い、そこから男女の関係に発展するということが、いかにあり得ないことなのか。


「恋愛感情を持てる相手」という条件は、最も理想が高い条件です

婚活界隈では、「恋愛感情を持てる相手」という条件は、最も理想が高い条件だ、としばしばいわれます。


「普通に働いてれば十分」。そんな相手はいくらでもいそうなのに、なぜ結婚までたどりつけないのでしょうか。


私を含め、彼女たちが求めているのは「心を支えあい、毎日を楽しく送れる相手」なのです。経済的に全面的に保護してくれなくてもいい。何かあれば自分だって相手を助けるし、助け合いたい。もちろん、見た目でもなければ、どんな企業に勤めているかとか、周りに自慢できる相手かどうかなんて、どうだっていいのです。


でもそれって、言葉を変えれば「自分に合う相手」ということですよね。心を支えあうには、話が合って、お互いを理解し合えなければいけない。条件で相手を探すのが「既製服を探すこと」に近いなら、気持ち的に自分に合う相手を探すのは「オーダーメイドで自分の身体にぴったりくる服を探すこと」に近い。


そして、人間はオーダーメイドでなんか作れないわけです。どんなにお金を積もうと無理。これは、どんなあり得ないハイレベルな条件よりも、ある意味「高望み」なのかもしれないと思うのです。

ライターの雨宮まみさんは、かつてこのように書きましたが、これは自分の経験からいっても完全に同感です。

もしもいま、あなたに自然と「好きだ」と思える恋人がいて、年齢が30歳前後なのであれば、細かいことなんか何も考えず、とりあえず結婚しとけばいいんじゃないか。婚期を逃してしまったひとりの中年として、これは本当にそう思います。

「恋愛感情を持てる」って、それ自体がものすごく希少で、ものすごく貴重な相手ですよ。

*1:はぁちゅうさんが指摘する具体的問題ポイントは相当ズレている、と思うにしても。

*2:じゃあ、日常的に職場とか友人繋がりで探せばいいじゃん!とおっしゃる方もおられると思いますが、そういう発想ができる時点で、あなたはすでに人的資源に恵まれた人間です。そういう線が考えられないほど、異性とのご縁が貧弱な環境に身を置いているからこそ、我々は婚活に一筋の望みを託しているのですから。