読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
自意識高い系男子。アラフォー。
ご連絡は tarosa25☆gmail.com (☆を@に変換)


『たいして好きでもない相手と結婚する』不思議

婚活 人生 恋愛

結婚と恋愛は別物…なのか?

私も、恋愛感情を重視して婚活を行ったものの、「業者主導の婚活ービスは恋愛と相性が悪すぎる」と結論を出し、婚活サービスの利用を辞めた人間なので、↑のような話はとてもよくわかります*1


こうした話を見聞きしたときに私が不思議に思うのが、「世の人々は、恋愛感情も持てない程度しか好きではない相手と結婚して、幸せになれると思っているのだろうか?そんな結婚を、望んでいるのだろうか?」ということです。

いや、たいして好きでもない相手と結婚したが幸せになったという話は、しばしば耳にするので、そうした方たちが「いる」ことは知っています。たとえば、id:bzb05445さんは、先の記事のブックマークで次のように語られています。

http://b.hatena.ne.jp/entry/republic1963.hatenablog.com/entry/2014/01/21/120630
見合いだが、お互い「嫌いじゃない」くらいから始まって、結婚してから相思相愛の思いが強くなる、いや、お互いに「見合いだからこそ」とお互いの意気を感じてその思いを強くする、というのもある。我が家の例。

しかし私は、このことをそう素直に信じられないのです。というのも、私の両親はお見合いで結婚しましたが*2、お互いのソリが全く合わず、母親はいつも父親の愚痴を言い、ことあらば喧嘩しているような家庭だったからです。

そうした風景を観ながら育ってきた私は、自分の家庭はこのような家庭には絶対にするまい。恋愛を通じて生涯大切にできる相手を見つけ、幸せな家庭を築こうと、10代のころから思ってきました。私が恋愛結婚にこだわる理由は、ここにあります。


結局、お見合い結婚にしろ恋愛結婚にしろ、結婚生活が上手くいくかどうかにはあまりにも多くの要因が絡みまくり、「人と場合と運による」というのが実際のところでしょう。「私の家はお見合いだけど上手くいった」「俺は恋愛結婚したけどダメだった」など、個別の体験を語ることはできるでしょうが、それを一般化することはできません。

結婚という極めて個人的な問題については、個人がどんな意見を持っていようが「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな*3」以上のことは、何も言えないと私は思っています。もちろん、私の意見も含めてです。


なぜ、たいして好きでもない相手と結婚しようという気になれるのか?

ここまでを前提として、私が以前から不思議に思っているのが、「たいして好きでもない相手と結婚した」という方々の存在です。なぜ、たいして好きでもない相手と、その方々は結婚したのでしょうか?


私は、結婚の最大の意味とは、「愛する人と人生を共に歩めること」だと思っています。「愛する人がいるから結婚する」のであって、「結婚するために相手を探す」というのは、本末転倒だと思うのです。「愛していない相手と結婚する」に至っては、私の価値観では理解の範疇を超えています。

子供がほしいから?家庭を持ちたいから?世間体のため?生活のため?

私は、「愛する人との」子供や家庭なら築きたいと思いますが、好きでもない相手との子供や家庭なら、持ちたくありません。相手を好きだからこそ、相手を大切に想うからこそ、結婚や、その後の子育てにおける困難を乗り越えていこうという気力を持つことができるのではないでしょうか。恋愛感情すら持てない相手と結婚したとしても、そんな思い入れの薄い相手と、人生を共に乗り切っていけるなどとは、私にはとても思えません。

私の結婚観は、図にすると↓のようなものとなっています。


愛する人との結婚 >>>> (決して超えられない壁) >>>> 独身 >> 愛していない人との結婚


これが仕事の話であれば、「好きな仕事しかやりたくないなんて甘えるな!」という話にもなるのでしょうが、幸か不幸か、現代日本では結婚は義務ではありませんし、結婚しなければ貧困により飢えて死ぬということもありません。結婚しないことに対する世間の圧力も薄れ、家電の発達により独り暮らしも楽になり、仕事さえしていれば、独身を貫くことはそう難しいことではなくなりました。

つまり、結婚するかしないかは、個人の選択の問題であり、完全に自由なのです。その中で、あえて「たいして好きでもない相手だけど結婚する」という選択をする方は、何を考えて結婚したのだろう?それで幸せになれると思って、結婚したくて結婚したんだろうか?*4

このことが、私にはどうにも不思議に思えてならないのです。

*1:過去記事参照。『婚活を諦めた』『婚活を諦めてよかった

*2:初対面の次に会ったのが結婚式だったそうです。

*3:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/T/Ta-nishi/20130621/20130621140337.jpg

*4:結果論的に「見合いで結婚して、最初は好きでなかったけど、結婚生活を共にするうちに愛が芽生えていった」という話はわかるですが、その場合でも、そもそもなぜ最初に「たいして好きでもない相手だけど結婚しよう」という気持ちになれたのかが分かりません。